本文へスキップ

ワーキングホリデーの保険・ワーホリ保険のまとめ

迷ったらずばりこれ!?人気のワーキングホリデー保険

アイルランド・ワーキングホリデービザ申請/オススメ&人気の保険!

アイルランド・ワーキングホリデーのビザ申請に必要な保険を、数ある保険会社や代理店、そしてたくさんのサイトの中から、厳選して紹介。WH渡航者の様々なリクエスト(補償内容、サービス体制、保険料水準など)を総合的に検証して選びました。
海外生活経験者や元保険会社社員、元留学カウンセラーなどのスペシャリストがオススメするプラン。

ABOUT WORKINGHOLIDAY VISA

アイルランド大使館

https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/
〒102-0083 東京都千代田区麹町2−10−7 アイルランドハウス

<ワーキング・ホリデー・オーソリゼーション(許可証) 申請資格>

  • 現在日本に居住していること(申請時を含む)
  • 一定期間(最長1年)アイルランドで休暇を過ごすことを本来の目的とすること
  • 申請書受理時点で、年齢が18歳以上30歳以下であること
  • 扶養家族(配偶者含む)を同伴しないこと(配偶者に申請資格がある場合は、それぞれ申請することが可能です)
  • 有効なパスポートと帰国用航空券、または、それが購入できる充分な資金を保持していること
  • アイルランド滞在中、生活に必要な資金として50万円以上の預金があること
  • 以前「ワーキング・ホリデープログラム」でアイルランドへ渡航した経験がないこと
  • 健康かつ、犯罪歴が無いこと
  • 滞在期間をカバーする医療保険に加入すること

出展:日本ワーキングホリデー協会/http://www.jawhm.or.jp/visa/v-ire.html


オススメ&人気の保険!

東京海上日動×PLANET/アイルランド・ワーホリ専用プラン

アイルランド用プラン

保険料を抑えたアイルランド・ワーキングホリデービザ申請向きの商品で人気なのが、こちら。

(特徴)
国内大手損害保険会社である「東京海上日動」の商品を、留学やWHの渡航に詳しい代理店「PLANET」が留学生とWH渡航者のみを対象としてアレンジしたオリジナルプラン。
国内損保大手だから安心なサービス体制と、留学保険・WH保険の専門店が考えらオリジナルプランは魅力的。10タイプのオリジナルプランは必要最低限で安心なカタチを実現していて選びやすい。フリープランではありませんが、必要な要素をうまくまとめたプランです。ビザ申請にぴったりの上、安心です。

(ポイント)
★郵送での手続きとなる。まず資料を取り寄せが必要
★郵送・銀行振込での手続き
★代理店経由
★申込手続きは。出発の2週間前まで

(見つけたプラン)
<補償内容>
傷害死亡:300万円
傷害後遺障害:1000万円
治療・救援費用:2000万円
疾病死亡:300万円
留学生賠償:1億円
留学生生活用動産:なし
<保険料>
6ヶ月:68,950円
1年:146,240円

→保険料を抑えたプランの詳細を見る


ジェイアイ傷害保険/留学生・ワーキングホリデー渡航者用

フリープラン

インターネットで契約手続きを進めるのが希望であれば、オススメはこちら。

(特徴)
旅行会社として有名なJTBの関連会社である「ジェイアイ傷害火災保険」の商品で「tabihoたびほ」
渡航先別で料金設定が異なるが、補償額をある程度自分で選択できるのも魅力。エリア別の料金体系だが、アイルランドなどヨーロッパ方面はお徳。

(ポイント)
★インターネット契約のみ。支払いはクレジットカード払い
★オンライン上で自分で手続き。

→オンライン契約で保険料試算をする



アイルランド留学・ワーホリ支援サイト

注)本ページ記載の内容に関しては、必ず保険会社規定のパンフレットや約款を確認してそれらを優先してください。分かりやすく説明するためにイメージを案内したものです。保険金支払いは各事故の内容によってケースバイケースであり、保険金支払いの対象であるかどうかは保険会社の約款を基に判断され支払条件や範囲・限度額なども設定されています。

活版印刷の45km><オーストラリアワーキングホリデー保険><留学保険><格安留学保険・人気のワーホリ保険を探すためのの知恵袋

TOP ▲