本文へスキップ

海外留学保険・ワーキングホリデーの保険まとめ

トピック〜知らないと損をする〜

みんな意外と知らない!?携行品損害の基本

皆さんが意外と知らない「携行品損害」の基本についてご説明します。
保険会社、旅行会社さんや他の留学やワーキングホリデーの保険を扱っている代理店でも、あまり詳しくは説明されていないので知らない人が多いのも仕方ありませんが・・・。


では、参考までにA社の「海外旅行保険の概要」を読んでみましょう。

携行品損害の項目には以下のように書いてあります。ポイントは赤字のところです。

−保険金をお支払いする場合−

海外旅行行程中に携行品(カメラ、宝石、衣類、航空券、旅券など)が、盗難・破損・火災などの偶然の事故に遭って損害を受けたとき

[注]携行品は、被保険者が所有かつ携行する身の回り品をいいますが、次に揚げるものは保険の対象には含まれません。現金・小切手・クレジットカード・コンタクトレンズ・定期券・現金自動支払機用カード・各種書類、船舶(ヨット、モーターボートおよびボートを含む)、自動車、バイクおよびこれらの付属品、サーフィン、ウィンドサーフィン等の運動を行うための用具。また、ピッケル等の登山用具を使用する山岳登はん、スカイダイビング、ハンググライダー等の特に危険なスポーツ等を行っている間の当該スポーツ等の用具や被保険者の居住施設内にあるものや別送品も除きます。

−お支払いする保険金−

携行品1つ(1点・1組または1対)あたり10万円(乗車券・航空券等の場合は5万円)を限度として時価額(同等のものを新たに購入するのに必要な金額から使用による消耗(減価)分を控除して算出した金額)または修理費のいずれか低い額をお支払いします。ただし、これらお支払いする保険金の総額は、携行品保険金額をもって保険期間(保険のご契約期間)中の支払いの限度とします。

[注1]
旅券については、その再発給または渡航書発給の費用(領事館に納付した発給手数料、事故地から最寄りの在外公館所在地までの交通費、ホテル客室料をいいます。)を1回の事故につき5万円を限度としてお支払いします。
[注2]
自動車または原付自動車の運転免許証については、国または都道府県に納付した再発給手数料を損害額とします。

〜解説〜

※『携行品1つ(1点・1組または1対)あたり10万円〜時価額〜』

よく皆さんが心配されているもののひとつに「ノートパソコン」が上げられます。もちろん保険の対象なのですが、この「1点あたり10万円&時価額」がポイントです。
1点あたり10万円限度ですから、どんなに高いパソコンでも最高で10万円しか支払われません。さらにパソコンの場合、日進月歩で「スペック」が向上するものなので時価が非常に下がってしまうものなのです。
例えば、3年前に20万円で購入したノートパソコン、たぶんハードディスクもCPUも現在のものとは比べられないぐらい低いですよね。数年前に何十万円したノートパソコン、時価にすると数万円ということもしばしばです。つまり、残念なことなんですが、保険で支払われるの数万円だけ、になることも多々あります。

あと、デジカメも近い状況になりつつあります。ここ一年ぐらいで画素数に進歩と値段競争が目覚しいですね。数年前までは高価なものでしたが、現在は値段も手ごろで性能も数段上になってます。

※『被保険者の居住施設内にあるもの』

かなりの人が知らない・・・。売ってる人にも知らない人は多いと思われる重要なポイントです。
自宅 (※ここで言う自宅とは現地で借りているアパートなどを指します)においてあるものの盗難が心配・・・。と携行品損害を考えるひとが多いのですが、それは大きな間違えです!
もともと「携行品」とは読んで字のごとく、「持ち歩いてるもの」をさします。なので自宅※にあるものは、「家財」「生活用動産」という言い方を保険ではするんです。家財や生活用動産は、「火災保険」「動産総合保険」というものの範疇になるので旅行保険では対象外となるのです。
AIU保険会社、日本興亜保険はじめ、どこの保険会社の商品でも「携行品損害」という項目であるかぎり同じです。
(日本でアパートなど借りた経験のある人は、入居するときに不動産屋さんで「火災保険」に入らされましたよね。あれが家財の保険です。)

「携行品損害」では、「持ち歩いてるときは対象であるが、自宅にあるときは対象ではない」ということになります。

【ポイント!】
ここでいう自宅に含まれないもの・・・ホームステイやホテルは「自宅」とはみなされず「宿泊施設内」とみなされるので、ホームステイにいるときやホテルの部屋での盗難などは保険の対象となります。

【ポイント】留学生やWH渡航者は、持ち物補償が「生活用動産」の商品を選ぶべし!

では、自宅での空き巣も補償してもらうには???
持ち物の補償項目が、「携行品」ではなく、「生活用動産」となっている商品から選ぶことです。きちんと商品の補償項目を見れば、簡単に区別できます!

参考)用語解説:携行品損害と生活用動産




新着情報当サイトが調べた「生活用動産」型の人気の安心プラン・保険料表

元海外保険販売のスペシャリストがいろいろ調べた結果・・・選ぶならこれかと!

1年間で最安146,240円(全地域同額)・選びやすい10タイプ ★郵送での手続きのみ
東京海上日動×PLANETオリジナルプラン
地域別保険料・補償額設定変更可能 ★オンライン契約&クレカ決済
ジェイアイ傷害火災・tabiho(たびほ)留学・WH用       

>>人気プランのページへ

安心できて、保険料が抑えられる人気のプランは、ずばりこれ!?。

用語解説〜知らずに契約するのが一番の損〜

傷害死亡・傷害後遺障害・疾病死亡


ケガや病気死亡したり、事故で後遺症を負った時場合



治療・救援費用


病気になったりやケガをした時の治療費・入院費。薬代、大きなケガや病気で入院時の家族の駆けつけ費用や日本への搬送費。

個人賠償責任/個人賠償責任(長期用)・留学生賠償


日常生活で人のものを壊したり、ケガをさせたりして賠償責任が生じた場合

携行品損害/
生活用動産(長期用)


自分の持ち物が盗難や偶然の事故で破損した場合

緊急一時帰国費用


家族が死亡したり、危篤になった場合

歯科治療費用


出発後、保険期間の所定の期間を過ぎたあとにかかった虫歯などの歯の病気(要注意)

海外留学・ワーホリ支援サイト

注)本ページ記載の内容に関しては、必ず保険会社規定のパンフレットや約款を確認してそれらを優先してください。分かりやすく説明するためにイメージを案内したものです。保険金支払いは各事故の内容によってケースバイケースであり、保険金支払いの対象であるかどうかは保険会社の約款を基に判断され支払条件や範囲・限度額なども設定されています。

活版印刷の45km><ワーキングホリデー保険><海外留学保険><格安留学保険・人気のワーホリ保険を探すためのの知恵袋

TOP ▲