本文へスキップ

海外留学保険・留学生保険・旅行保険のまとめ

トピック〜知らないと損をする〜

トピック「格安留学保険、どういう仕組み?問題点は?」

海外保険は、留学生のかなりのコスト負担となります。
「保険料を抑えたい」
ほとんどの皆さん、いや、皆さん全員のリクエストでしょう。
そこで、目につくのが「格安留学保険」「格安海外留学保険」。
では、格安・・・となる理由はなぜでしょう?そして格安保険に問題はあるのか?を簡単に解説してみます。


格安留学保険の仕組は?

保険料=補償額&補償範囲に応じて

格安保険が保険料が安い理由・・・・それは、単純に「補償額が低く設定してある」「補償を削っている(特約を外している)」だけのことでしかありません。
保険料を下げるには、補償を下げまくるしかない。つまり、補償がかなり低い保険ということです。
なので、”最高な補償額&補償範囲が広いのに格安。”・・・は残念ながらありえないということです。

補償額を2分の1にしても、保険料は2分の1にならない?

格補償額を半分にしたからと言って、保険料が半分になるわけではありません。

★補償額の差と保険料の差をよくよく見比べて検討しましょう。

格安留学保険の問題点を解説!

治療費の限度額が少ないと、現地で治療を断られる?
保険料が安いということばかりに目がいってはだめ!


では、補償額が低すぎるとどんな問題点があるのでしょう?

もちろん限度額を超えた部分はすべて自己負担、つまり自ら現金で支払わなければならないのは当然ですが、次のお話は、実際にあったお話です。

海外ですこし大きなケガをしてしまいました。治療費の限度額を500万円で契約をしていました。
救急車で病院に運ばれて、応急処置をしてもらった後、保険の話となり、契約証を提示しました。
すると病院側が限度額を見て告げました。「このまま治療を継続すると限度額の500万円を超えるかもしれない。なので、限度額を超えてもちゃんとお金が払ってもらえる確約がないならば治療を継続することはできない。」と。

このケースの場合、ご両親がある程度裕福なご家庭であったため、病院側に対して「超過分は現金で直接支払う。」との確約をし、無事治療が継続されました。

そして、結果、終わってみると実際にかかった治療費は、500万の半分にも満たない200万ぐらいのものでした。
これは、病院側からすると・・・「治療を行う」ことはその症状や状況によって大きく変化するものであり、それがあらかじめいくらかかるか予想しきれない状況は多々ありえる。このケースの場合は、状況によっては限度額の500万を超える治療を行う可能性もある・・・ということで、「治療が継続できない」と言われてしまったものです。

治療費は想像以上に高くつく。補償額はできるだけ高い金額設定に!
格安保険で一番の問題は、補償額が低すぎる場合!

なみに、よく例にも乗っている話ですが、盲腸の手術と入院(約1週間弱)で80万ぐらいから200万超え・・・と思った以上に海外での治療費は高くつきます。

例えば、集中治療室に入るような状況になれば、1日で100万円前後の治療費がかかることもあります。こうなると1日ごとに治療費の金額はみるみる限度額に近づいてしまうのです。

やはり、治療費の部分・・はできるだけ高い金額にしたいところです。
数千円の保険料をケチったばっかりに・・・・・・といった大変な結果にならないように十分に自分の予算とあわせて検討するべきです。

保険会社によりレートや販売ルールが違う!

各保険会社のよって、レートと販売ルールが異なる。

保険会社ごとにそれぞれのレートを設定しているため、まったく同じ補償限度額でも保険料が安くすむことがあります。これは、保険料を抑えるポイントです。
ただ、短期旅行保険が安い会社だからといって長期プランも安いわけではありません。
短期と長期でそれぞれレート設定を変えている会社がほとんどなので、自分の滞在期間に合わせてで検討しよう!

また、契約するにあたって補償額は「○○○○万円以上」や「セットプランのみ」などの販売ルールを各社設定している。フリープランよりもセットプランのほうが安いこともあるのでよく見て検討しよう!



新着情報当サイトが調べた人気の安心プラン・保険料表

元海外保険販売のスペシャリストがいろいろ調べた結果・・・選ぶならこれかと!

1年間で最安146,240円(全地域同額)・選びやすい10タイプ ★郵送での手続きのみ
東京海上日動×PLANETオリジナルプラン
地域別保険料・補償額設定変更可能 ★オンライン契約&クレカ決済
ジェイアイ傷害火災・tabiho(たびほ)留学・WH用       

>>人気プランのページへ

安心できて、保険料が抑えられる人気のプランは、ずばりこれ!?。

用語解説〜知らずに契約するのが一番の損〜

傷害死亡・傷害後遺障害・疾病死亡


ケガや病気死亡したり、事故で後遺症を負った時場合



治療・救援費用


病気になったりやケガをした時の治療費・入院費。薬代、大きなケガや病気で入院時の家族の駆けつけ費用や日本への搬送費。

個人賠償責任/個人賠償責任(長期用)・留学生賠償


日常生活で人のものを壊したり、ケガをさせたりして賠償責任が生じた場合

携行品損害/
生活用動産(長期用)


自分の持ち物が盗難や偶然の事故で破損した場合

緊急一時帰国費用


家族が死亡したり、危篤になった場合

歯科治療費用


出発後、保険期間の所定の期間を過ぎたあとにかかった虫歯などの歯の病気(要注意)

海外留学・ワーホリ支援サイト

注)本ページ記載の内容に関しては、必ず保険会社規定のパンフレットや約款を確認してそれらを優先してください。分かりやすく説明するためにイメージを案内したものです。保険金支払いは各事故の内容によってケースバイケースであり、保険金支払いの対象であるかどうかは保険会社の約款を基に判断され支払条件や範囲・限度額なども設定されています。

格安比較><オーストラリア海外留学保険

TOP ▲